おじさんの本棚

by ブログ工房 「 書籍・用語解説 」記事で、今日一番読まれているページ TOP 5
カテゴリー別今日の人気ランキング

お勧めの書籍

名称 コメント
ネットで勝ち抜く株投資法
ネットで勝ち抜く株
投資法あなたの年金
が倍、倍に!

著者: 増田正美
出版社:亜紀書房
ISBN:4750505129
サイズ:単行本 205p
発行年月: 2005.10
本体価格:1,700円
(税込:1,785円)

内容MM法をさらにパワーアップ
・MM法はシニア投資家の増田さん自身が身銭を切って開発された独自のテクニカル分析、ボリンジャー、 RSI, DMI, MACDの指標を合わせた順張りで行う投資法で、1週間から3ヶ月くらいの期間で売買します。
・この本のお勧めは、第5章「より確実なMM法に習熟する」で、MM指数で相場のトレンド、強弱を読む、MM指数による買い場・売り場の判断などパワーアップされたMM法について書かれています。
・前作より解り易く解説されてて、MM法初心者には読みやすいですが、前作を読んだ人には少しものたりないかもしれない。
おすすめ度★★★★★(2006年2月25日本棚)

masuda
定年後の株、小さく儲け続ける必勝法
進化するMM法を公開

著者: 増田正美
出版社:亜紀書房
ISBN:4750502057
サイズ:単行本 245p
発行年月: 2002.10
本体価格:1,500円
(税込:1,575円)

内容MM法の本ならこれ
・MM法はシニア投資家の増田さん自身が身銭を切って開発された独自のテクニカル分析、ボリンジャー、 RSI, DMI, MACDの指標を合わせた順張りで行う投資法で、1週間から3ヶ月くらいの期間で売買します。
・この本は、第5章にMM法のことが詳しく記載されていて、第6章ではスットプロスオーダーによるロスカットについても触れています。
・おじさんが信用取引の短期売買を始めるきっかけとなった本です。”ファンダメンタル分析で素人がプロに勝負を挑むのは知識も情報量も不利だが、テクニカル分析なら十分勝負になる”に共感を覚え「底で買い天井で売る」手法で月々のお小遣いを生み出してくれています。
おすすめ度★★★★★(2003年2月12日本棚)
30万円からはじめる「信用取引」の本
オンライン投資家のための
30万円からはじめる「信用取引」の本

著者: 阿部智佐子
出版社:東洋経済新報社
ISBN:4492731601
サイズ:単行本 230p
発行年月: 2002.7
本体価格:1,800円
(税込:1,890円)

内容分かりやすい、信用取引の入門書として最適
・信用取引の仕組み、ネット証券会社への申し込み方法やトレードの際にかかってくる費用のことなどから、信用取引のメリット・デメリット、実際のトレードでの応用方法などが詳しく記述されており、これから信用取引を始めようと思っている投資家、現物取引しかやったことがないが興味があるという投資家にとっては最適の書。
・おじさんは信用取引をこの本1冊で勉強しました。信用取引を煽るのではなく「信用取引を知っておけば、現物しか知らない場合より投資の幅が広がる」というスタンスで書かれています。
おすすめ度★★★★★(2003年5月22日本棚)
中国株ならはじめてでもドカンと儲かる
中国株ならはじめてでもドカンと儲かる!!
「10万円で1000万円」も夢じゃない!

著者: 柏木理佳
出版社:宝島社 [別冊宝島]
ISBN:4796641378
サイズ:ムックその他 111p
発行年月: 2004.6
本体価格:1,200円
(税込:1,260円)

内容これから中国株をやってみたい人にお勧め
・中国株の基礎から、中国株が人気の理由、中国の今後の成長予想とその理由、中国株の始め方、選び方、売買テクニック、5大証券会社別・取扱い銘柄一覧表、推奨30銘柄(会社概要、企業分析、株価チャート、株価データ)、口座開設の手続きからネットトレーディングの実際まで、盛りだくさんの内容で、これ一冊で基本はOK。実物見本の図解入りでわかりやすく説明している。
・Q&A式で各章が書かれているので新たな情報がポイント毎に判りやすく、コラム欄も充実していて参考になる。中国株の本をはじめて購入する人にお勧め。反面既に中国株をやっている人や、他の書籍等を読んだ人には少しものたりないかもしれない。
おすすめ度★★★★★(2004年6月12日本棚)
スポンサーリンク
stock_レクタングル (大)
stock_レクタングル (大)
☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!